台風の影響はまだ続いていたようです。
朝の電車もだいぶ遅れが出ていたのですが、帰りの時間になってもダイヤが乱れていました。

並んで待っていた電車がたまたま座れたので…
というか、できれば座って帰りたかったので、大人しく並んでいたんですが、お陰様で今日も運よく座れました。

で、座った瞬間寝落ちしていたらしく、ふと氣づくと、どこかで男性が大きな声を出していました。


そちらを見ると人がぎゅうぎゅうづめ。
男性はどうやらお怒りのようで、それはどうやら、混んだ電車に乗れずに入口から半分出ていること、そのために扉が閉まらない事、そういう状態なのに、車両の真ん中あたりの通路にややスペースがある事、見て見ぬふりしてそこに詰めて入らずに立っている人がいる事などが原因のようでした。

もう一歩ずつ奥に入れと。
そこの女、無視してスマホいじってるんじゃないよと。
そう声を上げていました。

扉があきっぱなしなので当然電車は動きません。
すでに微妙な空氣になってきていて、扉付近にいた方が、耐えられなくなったのか、すーっと一人降りて行きました。

「ほらみろ、あんたのせいで降りちまったじゃねえか!」
「○国人なんじゃないのか?!」

と、先ほどのスマホの女性に暴言。
いやそれ、多分あなたのせいだと思うよみたいな白い空氣の中、扉が閉まり、そして動き出す電車。

いかに早く帰りたいか、この電車に乗りたいのかは分かりませんが、それにしてもこれは八つ当たりもいいところです。
それでも収まりがつかないのか、さらに一言二言暴言を吐く男性。
しばらく走って、いくつか駅を経由し、座れるくらいまでに空いてくると、やはり座れた先ほどの女性に通路越しにまた暴言…

もし仮に、その女性が「○国人」だったとして、するとあなたは何人なんでしょうか。
同じ日本人だとはちょっと思いたくないような行為だなと感じました。


あれはいくらなんでも。
座って速攻寝こけていた私が言うのもなんですが、いくらなんでも…美しくなさすぎる…

あの男性は反面教師ということにさせていただこうと思います。


それでは今回はこのへんで。

スッキリとした朝をお迎えください。