台風の被害は大丈夫でしたでしょうか。
被害にあわれた皆様にお見舞い申し上げます。

夜中ずっと、エリアメールが入っており、心配な状況が続いておりましたが、無事に朝を迎えられました。
昨夜からの台風の影響で、随分公共交通機関に影響が出ていました。
昨日の夕方過ぎからの突風で、早々に電車が運行停止になっていて、早朝から情報を確認していました。
遅延しているけれど動いているというイメージだったのに、駅についてみたら電車が大遅延。
さらに次の電車がいつ到着するかわからない状況…
それはむしろ、ほぼ運行停止に近いと思うのですが…

しばらくして振り替え輸送が開始されたので、大きく迂回しながら、しかし職場に向かう事が出来ました。

その、振り替え輸送の電車の中でのこと。

先発の電車が発車した直後にホームに降りたため、次の電車待ちの列の先頭の方に並ぶことができました。
また、たまたま位置が良かったのか、到着した電車ですんなり座席を確保でき、ほっとしてすわった直後です。

空いていた左隣の席に、かなりこちらに幅寄せして腰を置いた女性が、手早く誰かを手招きしています。
「ありがとう~」
と言いながら、その女性の更にお隣にもう一人の女性が座りました。

…なんだか、窮屈。
そう思っいながら対面の座席を見ると、3人座っていました。
そして私が座っている座席の左側を確認すると…

3人座っていました。

私より前から座っていたひとりと私、あとから来たふたり。
つまり、私を含めて4人。

…まあ、最初に座っていた方が小柄な方だったのを考えれば、3人掛けの席に女性4人は、頑張れば何とかなるものです。
特にこういう振替電車ですから、混むのは当たり前。
むしろ座れただけでラッキー、そして一人でも多く座れた方がいいに決まっています。


けれど何この窮屈さ…
左の女性の臀部と、右側のシートの仕切りにかっちり腰骨が挟まって、まったく身動きが取れない私のお尻…
なにこれ…
なに…これ…

いつしか私は眠り込んでいました。

目が醒めたのは、降りる前の駅。
お隣の方が席を立った時でした。
ちょっと立派なその腰つきを認め、ああそれでかと妙に納得しているうちに次の駅に到着。
降りようと席を立つと、両足に違和感が…
もの凄く、痺れていました。

ひょっとすると、お尻のあたりで血流が滞っていたのかもしれません。


それでは今回はこのへんで。

リラックスのひと時をお過ごしください。