近くの部署に、新人さんが入ってきました。


近くというか、はす向かいというか、要するによく目に付く位置に座っているのですが、なんとなく…

なんとなく、あまり社交的ではなさそうな人。

というか、なんとなく、おたくさんっぽい人。

 


実際どうかはわかりません。

新人さんなので、打ち解けていないといこともあるかと思うのです。


ただなんとなくそう感じたのは、せっかくまとめている髪がちょっとぼさっとしているからか、前髪が半分くらい目にかかる長さだからか、真面目そうな眼鏡をかけているからか、それとも声が小さくて言葉が聞き取りにくいからか、時々動きが不自然だからか。

小奇麗な格好をしているのに、何故か薄暗い雰囲気をまとっている印象です。

 


でも、個別にそれぞれの特徴だけ抜き出せば、そんな感じの人は結構どこでも見かけるんですよね…

となると、それっぽい印象を植えつけているのは、一体どの部分なんでしょう。

組み合わせの妙、というやつでしょうか。

 

 

実際私も眼鏡で、髪はばさばさ、むしろ小奇麗な格好をしていない分、そう見えやすいのかもしれません。

言われたことはないのですが。

言われたことはないのですが…

もしや、言ってくれる人が居なかっただけ…?

 


 

…あら?

なんだかちょっと切ない気持ちになってきました。

私って、実はそれっぽく見えているのかしら。



それでは今回はこのへんで。

切ない夜をお過ごしください。