背後で誰かが言いました。

「押せよ、誰か。」

朝の駅、ホームと改札のフロアをつなぐエレベータの中に微妙な緊張感が走りました。
しかし、誰も動かず。

数秒後、背後の扉がゆっくり閉じて、エレベーターは改札フロアに移動。
そして同じペースで前の扉がゆっくり開きました。

エレベーターから出た人を追い抜いて足早に去って行ったのは、ヘッドホンを装着した若い男性でした。



独り言、大きすぎますよ。

と、心でつぶやきました。



それでは今回はこのへんで。

静かなひと時をお過ごしください。